コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接目的語 ちょくせつもくてきご

大辞林 第三版の解説

ちょくせつもくてきご【直接目的語】

目的語の一。「 A に B を与える」という時の「 B を」に相当するもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の直接目的語の言及

【目的語】より

… 日本語の〈太郎が花子にリンゴをあげた。〉のような文において,〈あげる〉という行為の対象としてその働きを直接こうむる〈リンゴ〉と,その受け手である〈花子〉の二つが目的語となっているが,前者を直接目的語,後者を間接目的語とよぶ。なお,〈穴を掘る〉〈湯をわかす〉などにあっては,それぞれもとから〈穴〉や〈湯〉が存在していて,それがある種の動作の働きをこうむるというのではなく,〈掘る〉や〈わかす〉などの結果として〈穴〉や〈湯〉になるのであって,これらは〈結果の目的語〉といわれる。…

※「直接目的語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

直接目的語の関連キーワードインド・ヨーロッパ語族形態論自動詞他動詞目的語言語動詞対格

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android