相模舟状海盆(読み)サガミシュウジョウカイボン

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕相模舟状海盆(さがみしゅうじょうかいぼん)


相模湾から伊豆(いず)大島の東方沖を経て伊豆-小笠原(おがさわら)海溝の北部につながる海底の窪(くぼ)地。長さ約330km。相模トラフとも。日本列島を載せるユーラシアプレートと南側のフィリピン海プレートの接点をなす。東側の太平洋プレートの影響も受け、1923年(大正12)の関東大震災の震源域となるなど「地震の巣」と考えられている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android