コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真国荘 まくにのしょう

百科事典マイペディアの解説

真国荘【まくにのしょう】

神野真国荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の真国荘の言及

【神野真国荘】より

…〈かみのまくにのしょう〉ともよむ。貴志川上流の神野川と真国川にそれぞれ沿った神野荘・真国荘の2荘からなる。両荘は成立当初は一体的なものとして扱われているが,鎌倉中期以降それぞれ独立した荘園とみなされるようになる。…

【美里[町]】より

…貴志川の谷筋は野上谷とよばれ,川沿いに高野街道が通り,中心集落の神野市場(こうのいちば)から南に竜神街道が分岐し,有田郡との境をなす長峰山脈を遠井辻(といつじ)峠によって越える。平安末期には高野山領の神野荘,真国荘が設置され,江戸時代も一帯は高野山領であった。河岸平野の神野市場は荘園成立当時から付近の交易の中心地で,近世にも市が開かれた。…

※「真国荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

真国荘の関連キーワード神野真国荘(こうのまくにのしょう)神野真国荘(かんのまくにのしょう)荘園(日本)阿【て】河荘石清水八幡宮国衙・国府美里[町]相論/争論後醍醐天皇順徳天皇高野街道承久の乱高野山神護寺按察使荒川荘神野荘地頭領家東寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android