コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着色偏光 ちゃくしょくへんこう

1件 の用語解説(着色偏光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

着色偏光
ちゃくしょくへんこう

色偏光」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の着色偏光の言及

【色偏光】より

…単色光を用いたときは明暗の縞となるが,同一光路差でも位相差は波長によって異なるので,白色光を用いた場合には等位相差面群の断面は色のついた干渉縞となる。レンズなどを使い,収束光として干渉させたときに色がつく現象を,収束光線の色偏光または着色偏光と呼ぶ。一方,垂直入射光で見た結晶板の明るさが,検光子の回転とともに変化する現象を平行光線の色偏光という。…

※「着色偏光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone