コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色偏光 いろへんこう chromatic polarization

2件 の用語解説(色偏光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色偏光
いろへんこう
chromatic polarization

偏光子を通して偏光した光を結晶板に入射すると,屈折光は複屈折を起して互いに垂直な2つの方向にかたよった2本の直線偏光に分れて進む。これをさらに検光子で受けて2つの偏光の合成波をみると,2つの偏光成分の干渉によって,単色光を使用した場合は位相差に応じて明るさが変り,白色光を使用すれば一般に色づいて見える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いろへんこう【色偏光 chromatic polarization】

結晶板による光の干渉によって色のついた干渉縞が現れる現象。結晶を平行平板状に研磨し,これに白色光を偏光子を通して入射させる。偏光子を通過後の平面偏光が結晶に入ると,結晶内で直交した2成分に分かれ,それぞれ異なった速度で伝搬するが,結晶板通過後は振動面の異なる二つの光線となる。この2光線を検光子を通して重ね合わせると干渉縞が生ずる。単色光を用いたときは明暗の縞となるが,同一光路差でも位相差は波長によって異なるので,白色光を用いた場合には等位相差面群の断面は色のついた干渉縞となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

色偏光の関連キーワード干渉縞ムーンストーングローリーシェルピンクコノスコープ菊池線干渉分光法リヨ・フィルター光の干渉偏光の干渉

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone