コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石の間造(り) イシノマヅクリ

デジタル大辞泉の解説

いしのま‐づくり【石の間造(り)】

権現造り」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石の間造(り)の言及

【北野天満宮】より

…権現造は,秀吉をまつった豊国廟にも採用され,桃山時代の霊廟に広く用いられ,日光東照宮に用いられたことから,この名称がつけられた。権現造は,石の間造とも呼ばれ,元来土間であった石の間は,本殿,拝殿より一段床が低く張ってある。この形式の社殿は,北野神社では平安時代にすでに成立していた。…

【廟】より

…【三浦 国雄】
[日本の霊廟建築]
 日本では近世になって,豊臣秀吉や徳川家康など権力者の霊を廟としてまつり,その建築は霊廟建築として著しく発達した。京都阿弥陀ヶ峰の豊国廟(豊国(とよくに)神社)は秀吉の霊をまつり,1599年(慶長4)に営まれた古い例であり,その建築に際しては,北野神社に用いられていた石の間造,すなわち本殿とその前にたつ拝殿とを,石の間(相の間)で連結した形式を採用した。石の間造はこの後,霊廟建築の範となり,家康をまつった日光東照宮(1636)をはじめとして,各地の東照宮でも好んで採用された。…

※「石の間造(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石の間造(り)の関連キーワード権現造