コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石の間造(り) イシノマヅクリ

1件 の用語解説(石の間造(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしのま‐づくり【石の間造(り)】

権現造り」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石の間造(り)の言及

【北野天満宮】より

…権現造は,秀吉をまつった豊国廟にも採用され,桃山時代の霊廟に広く用いられ,日光東照宮に用いられたことから,この名称がつけられた。権現造は,石の間造とも呼ばれ,元来土間であった石の間は,本殿,拝殿より一段床が低く張ってある。この形式の社殿は,北野神社では平安時代にすでに成立していた。…

【廟】より

…【三浦 国雄】
[日本の霊廟建築]
 日本では近世になって,豊臣秀吉や徳川家康など権力者の霊を廟としてまつり,その建築は霊廟建築として著しく発達した。京都阿弥陀ヶ峰の豊国廟(豊国(とよくに)神社)は秀吉の霊をまつり,1599年(慶長4)に営まれた古い例であり,その建築に際しては,北野神社に用いられていた石の間造,すなわち本殿とその前にたつ拝殿とを,石の間(相の間)で連結した形式を採用した。石の間造はこの後,霊廟建築の範となり,家康をまつった日光東照宮(1636)をはじめとして,各地の東照宮でも好んで採用された。…

※「石の間造(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石の間造(り)の関連キーワード大崎八幡神社権現造蔵造り造り込み二所の権現熊野権現両所権現間の間木造り初め宮造り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone