コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石火矢橋 いしひやばし

世界大百科事典内の石火矢橋の言及

【饒波川】より

…大里村平良(たいら)付近から東風平(こちんだ)町にかけては島尻層泥岩地帯の谷状低地を貫流し,豊見城(とみぐすく)村の饒波,高安で北流して国場川下流の漫湖に流入する。豊見城城跡南東の地点に架けられた石火矢(いしひや)橋はかつては那覇港への間道の橋で,1697年(元禄10)に5連の石橋に改造されたが,沖縄戦により破壊された。近年,流域の住宅地化が進んでいる。…

※「石火矢橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android