コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕け クダケ

デジタル大辞泉の解説

くだけ【砕け】

砕けること。また、砕けたもの。
結末。なりゆき。事情。
「翌の朝の―をあんじ思案とりどり」〈洒・多佳余宇辞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くだけ【砕け】

砕けること。また、砕けたもの。破片。 「腰-」 「雪の-しそこに散りけむ/万葉集 104
事のなりゆき。結末。 「翌の朝の-をあんじ思案とりどり/洒落本・多佳余宇辞」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砕けの関連キーワードブラッドフォードブレーカケイ(珪)ニッケル鉱念彼観音力刀尋段段壊パーボイルドライスホワイトウオーターショートニング性アーシー・パン甲が舎利になるナンユアン島木っ端微塵粒状凝灰岩小米・粉米ばきばき腐植砂岩潜流痕練り麻猿唐人洒落本磯波雲蕎麦米

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砕けの関連情報