事情(読み)じじょう

精選版 日本国語大辞典「事情」の解説

じ‐じょう ‥ジャウ【事情】

〘名〙 物事が、今どうなっているか、また、どう変わってきたかというような細かい状態や理由。ことのありさま。ことの次第。
※石山寺所蔵虚空蔵念誦次第裏文書‐康保三年(966)三月一七日・藤原忠平解「方今謹案事情、公忠宿衛騒動之時、無犯之由、公家是所知食也」
※明六雑誌‐三八号(1875)転換蝶鉸説〈阪谷素〉「其意を知らずと雖も事状遠からざる者あり」
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉七「此辺の事情には通じて居るに相違ない」 〔戦国策‐秦策上・恵文君〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「事情」の解説

じ‐じょう〔‐ジヤウ〕【事情】

物事がある状態に至るまでの理由や状態。また、その結果。事の次第。「やむをえぬ事情があって遅れる」「事情が許す限り協力する」「業界の事情に通じる」「中南米諸国の事情に明るい」「住宅事情」「交通事情
[類語]実態実情実況実相得体現実現実的事実実際実際的真実真相本当実地現に臨場感リアル有りのまま有りようまこと史実真正実の正真正銘紛れもない他ならない理由事由所由しょゆう根拠わけゆえ意味原因よしいわ所以ゆえん故由ゆえよし事訳ことわけわけ合い訳柄わけがら子細諸事情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「事情」の解説

【事情】じじよう(じやう)

ことのありさま。実状。〔史記、孟軻伝〕(ゆ)く。梁の惠王、言ふを果さず。則ち見て以爲(おも)へらく、にして事に闊(うと)しと。

字通「事」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android