砥沢(読み)とざわ

世界大百科事典内の砥沢の言及

【南牧[村]】より

…1972年から自然休養村事業が進められ,ブドウ,クリなどの果樹園やシイタケ,茶などの栽培を中心に観光農業の振興を図っている。砥沢(とざわ)には流紋岩の岩脈があり,江戸時代は幕府御用砥の産地として知られた。1960年以降,人口流出が著しく,70‐95年に人口が半減,過疎地域に指定されている。…

※「砥沢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android