碑詩(読み)ひし

世界大百科事典内の碑詩の言及

【エピグラム】より

…詩の一ジャンル。もとになったギリシア語epigrammaの原意は〈刻文〉であるが,詩の律格をもつものが多いために〈碑詩〉を指すことが常であり,その多くはエレゲイア形の二行連詩でつづられている。古くは墓碑詩で死者と生者の間に交わされる短い,含蓄の深い言葉のやりとりを記すに留まるが,ヘレニズム期に至り詩的技巧の洗練とともに文学性を濃くし,言葉すくなく優雅な情緒や胸深く秘められた思いを告げるものとなる。…

※「碑詩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android