確率モデル(読み)かくりつもでる

世界大百科事典内の確率モデルの言及

【数理統計学】より

…これら集団が数量的に記述されているとして,それらをなんらかの確率的法則性に従う現象の一つの実現であるとみなすことによって,そのような数値の集合を解析するのが数理統計学である。このとき,想定された確率的法則性を確率モデルと呼ぶ。数理統計学の手法を有効に適用するためには,第1にモデルの選定が適切でなければならない。…

※「確率モデル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android