コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確率的放射線障害 かくりつてきほうしゃせんしょうがい

世界大百科事典内の確率的放射線障害の言及

【放射線障害】より

…このような白血病やいろいろの癌の発生は,放射線を浴びたすべての人に100%起こるものではなく,浴びた線量に比例して,発生の確率が増加していくものと考えられている。 このようなタイプの晩発性障害について,国際放射線防護委員会(ICRP)は,1977年の勧告で,〈確率的放射線障害stochastic effects〉と呼び,〈確率的障害とは,その障害の重篤度ではなく,その障害の起こる確率が,しきい値のない線量の関数とみなされる障害である〉と定義した。このようなカテゴリーに入るものは,発癌と遺伝的効果である。…

※「確率的放射線障害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android