確率空間(読み)かくりつくうかん

世界大百科事典内の確率空間の言及

【確率】より

…このとき和事象AA1A2∪……の確率は各事象の確率の和に等しい。すなわち, P(A)=P(A1)+P(A2)+…… こうした性質をもつ組(Ω,BP)を確率空間と呼び,数学的な議論が展開される場となる。ここでPは解析学で測度といわれているものにほかならないが,P(Ω)=1となる特別な測度である。…

※「確率空間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報