コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇園城 ぎおんじょう

2件 の用語解説(祇園城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ぎおんじょう【祇園城】

⇒小山城(おやまじょう)

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

祇園城

別名・小山城。初代の小山政光が12世紀半ばに築城との伝承がある。名称の由来は祇園社(現在の須賀神社)をまつったためとされる。小山氏滅亡後、本多正純が城主となったが、1619(元和5)年に宇都宮に転封となり、廃城に。城跡は1991年3月、鷲(わし)城跡ととも国の史跡に指定され、中久喜城跡も追加指定されて「国史跡小山氏城跡」となった。祇園城跡の指定面積は、小山市役所北隣の小山御殿広場と思川沿いの城山公園の計約6万6千平方メートル

(2010-09-09 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祇園城の関連キーワード小山城小山バル小山小山市民病院小山氏政小山朝長小山長政小山長村小山政種小山政光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祇園城の関連情報