祇園城(読み)ぎおんじょう

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

祇園城

別名・小山城。初代の小山政光が12世紀半ばに築城との伝承がある。名称の由来は祇園社(現在の須賀神社)をまつったためとされる。小山氏滅亡後、本多正純が城主となったが、1619(元和5)年に宇都宮に転封となり、廃城に。城跡は1991年3月、鷲(わし)城跡ととも国の史跡に指定され、中久喜城跡も追加指定されて「国史跡小山氏城跡」となった。祇園城跡の指定面積は、小山市役所北隣の小山御殿広場と思川沿いの城山公園の計約6万6千平方メートル。

(2010-09-09 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android