コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神保内蔵助 じんぼ くらのすけ

朝日日本歴史人物事典の解説

神保内蔵助

没年:明治1.8.23(1868.10.8)
生年:文化13(1816)
幕末維新期の会津藩(福島県)家老。名は利孝,内蔵助と称した。経周の子として若松に生まれる。文久3(1863)年家老に就任した。その前年,藩主松平容保が京都守護職に任命され,これに伴い一隊を率いて上洛。元治1(1864)年の長州藩尊攘派による禁門の変に際しては,山崎天王山に立てこもった真木和泉らを攻めて自殺に追い込むなど戦功をたてた。のち官軍と会津に戦い,苦戦の末自刃。なお会津史研究に必須の『七年史』の著者,北原雅長は彼の次男である。<参考文献>飯沼関弥編『会津藩執政年表』

(家近良樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

神保内蔵助の関連キーワード神保利孝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android