コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神保利孝 じんぼ としたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神保利孝 じんぼ-としたか

1816-1868 幕末の武士。
文化13年生まれ。神保修理(しゅり)の父。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。文久3年家老となる。京都守護職となった藩主松平容保(かたもり)にしたがって在京。禁門の変では山崎天王山真木和泉(いずみ)を攻めて自刃(じじん)させる。戊辰(ぼしん)戦争では会津で新政府軍とたたかい,落城の日の慶応4年8月23日自刃。53歳。通称は内蔵助

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神保利孝の関連キーワード戊辰戦争バイロン早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフカッテンダイケグナイストフォルカードボップ