神奈川裁判所(読み)かながわさいばんしょ

世界大百科事典内の神奈川裁判所の言及

【神奈川[県]】より


[沿革]
 明治初年までの相模国と武蔵国の南東部にあたり,幕末には相模国に小田原藩,荻野山中藩,武蔵国に金沢藩が置かれたほか,天領,旗本領,寺社領,飛地が混在していた。1868年(明治1)神奈川奉行所に代わって神奈川裁判所が置かれ,神奈川府,神奈川県と改称,天領などは韮山(にらやま)県に属し,翌年金沢藩は六浦(むつら)藩と改称した。71年廃藩置県をへて相模国は伊豆国とともに足柄県に,他は神奈川県に統合された。…

※「神奈川裁判所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android