コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田山 かんだやま

世界大百科事典内の神田山の言及

【駿河台】より

…武蔵野台地の一部である本郷台の南端部にあり,地名の由来は江戸時代初期に駿府(現,静岡市)詰めの武士を江戸に引き揚げ,ここに住まわせたことによる。それ以前は神田山と呼ばれた。南面する見晴しのよい台地で,旗本屋敷が多かった。…

※「神田山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神田山の関連キーワード神田 山陽(2代目)神田山陽(2代)神田(東京都)銀座(東京都)千代田(区)坂東(市)植木清兵衛馬場 光陽中央(区)神田駿河台大谷竹山武家屋敷御茶ノ水幡随院駿河台神田川講談江戸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神田山の関連情報