コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神遊び カミアソビ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐あそび【神遊び】

神前で、歌舞を奏すること。また、その歌舞。神楽(かぐら)。
「かご山やさか木の枝ににぎかけてその―思ひこそやれ」〈夫木・一八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみあそび【神遊び】

神前で歌舞を奏すること。また、その歌舞。 「隠れし神を出さんとて八百万やおよろずの-、これぞ神楽のはじめなる/謡曲・三輪」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神遊びの関連キーワード檜隈川・桧隈川久米の佐良山三輪(能)勅撰和歌集久米の皿山吉備の中山関の藤川真拆の葛君が代檜隈川雛人形神垣の鏡山神歌遊び

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android