夫木和歌抄(読み)ふぼくわかしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夫木和歌抄
ふぼくわかしょう

鎌倉時代後期の私撰和歌集。藤原 (勝間田) 長清編。 36。約1万 7350首を収める。延慶3 (1310) 年頃成立。『万葉集』『古今和歌六帖』『新撰和歌六帖』など私撰和歌集,『三十六人集』や六家集その他の私家集,平安時代前期~鎌倉時代中期の歌合百首歌の類,その他多くの歌書から,それまでの勅撰和歌集 (『古今集』~『新後撰集』) に漏れた和歌を集め,これを主題別に部類した類題和歌集。春 (巻一~巻六) ,夏 (巻七~巻九) ,秋 (巻十~巻十五) ,冬 (巻十六~巻十八) ,雑 (巻十九~巻三十六) に分れ,各部は歌題によりさらに細分されている。以後の勅撰集にそなえるためと,歌道に志す人のためという目的で編まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふぼくわかしょう【夫木和歌抄】

鎌倉後期の私撰和歌集。略して《夫木抄》ともいう。36巻。藤原長清(ながきよ)撰。1310年(延慶3)ごろ成る。長清が書名を思案して少しまどろんだとき,白衣の老翁があらわれて扶桑集と名付くべし,と告げた。名を聞くと大江匡房と名のった。このことを師の冷泉為相につげると,扶桑は日本国の総称で憚りがあるから,扶の字のつくりと桑の字の木を採り,《夫木和歌抄》と名づけて下さった,と長清の跋文にある。《万葉集》および私家集,歌合,撰集その他から撰び集めたものである(勅撰集は除く)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふぼくわかしょう【夫木和歌抄】

歌集。三六巻。藤原長清撰。1310年頃に成立か。万葉集以降の和歌のうちから、従来の撰にもれた約一七三五〇首を、四季・雑に部立てし、さらに歌題によって分類した類題和歌集。現在散逸した私撰集・私家集の歌を含み、資料として貴重。夫木集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夫木和歌抄
ふぼくわかしょう

鎌倉後期の私撰(しせん)類題和歌集。『夫木和歌集』ともいい、「夫木抄」または「夫木集」とも略称する。撰者は冷泉為相(れいぜいためすけ)の門弟で遠江勝田(とおとうみかつまた)(現静岡県牧之原(まきのはら)市)の豪族藤原(勝田)長清。集中に為相の「尋ね来てかつ見るからにかつまたの花の陰こそ立ちうかりけれ」の詠がある。1310年(延慶3)ごろ成立か。編纂(へんさん)の動機は、『玉葉和歌集』撰定の際に、為世(ためよ)や為兼(ためかね)と並んで為相も勅撰集の撰者を望んだことと関係があろう。万葉以来当代までの歌で原則として勅撰集に入らなかった1万7000余首を四季・雑各18巻計36巻、約600の題(「歳内立春」以下「述懐」まで)に部類した膨大な歌集で、採録の歌人は約970名に及ぶ。曽禰好忠(そねのよしただ)・源俊頼(としより)・西行(さいぎょう)らの自由な語法の歌や寂蓮(じゃくれん)の「十題百首」(動植物を詠む)など珍しい題材の歌も多く、「山」「関」などの部はいろは順に歌枕(うたまくら)が並んでいるなど、後世歌人や連歌(れんが)師に珍重された。ただ伝本の本文に誤字や乱れが多い。題名は「扶桑(ふそう)」の省画という。[福田秀一]
『山田清市・小鹿野清次著『作者分類夫木和歌抄 本文篇』(1967・風間書房) ▽山田清市著『作者分類夫木和歌抄 研究索引篇』(1970・風間書房) ▽福田秀一『夫木抄』(和歌文学会編『和歌文学講座4 万葉集と勅撰和歌集』所収・1970・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android