コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭文語り サイモンカタリ

大辞林 第三版の解説

さいもんかたり【祭文語り】

山伏などがほら貝や錫杖しやくじようなどを鳴らして祭文を語り、門付かどづけして歩いたもの(貝祭文・でろれん祭文)。江戸初期には三味線を伴奏に流行歌謡や浄瑠璃を取り入れた人情物(歌祭文)を語る芸人と化した。浪曲の源流ともいわれる。さいもんよみ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

祭文語りの関連キーワード吉田 奈良丸(2代目)広沢 虎吉(2代目)春野 百合子(初代)京山恭安斎(初代)桃中軒 雲右衛門桃中軒雲右衛門阿呆陀羅経歌祭文浪花節辻法印錫杖

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祭文語りの関連情報