コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌祭文 ウタザイモン

デジタル大辞泉の解説

うた‐ざいもん【歌祭文】

近世俗曲の一。死刑・情死などの事件やその時々の風俗をつづった文句を、門付け芸人が三味線などの伴奏で歌って歩いた。山伏錫杖(しゃくじょう)を振り鳴らし、ほら貝を吹いて、神仏の霊験を唱え歩いた祭文の芸能化したもの。上方に始まる。祭文節(さいもんぶし)。→祭文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

歌祭文【うたざいもん】

祭文

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うたざいもん【歌祭文】

江戸時代の俗謡の一。芸能化した祭文で、浪花節なにわぶしの源流。初め山伏が錫杖しやくじようを振り法螺貝ほらがいを吹いて神仏の霊験などを語ったが、のちには三味線の伴奏で市井の事件などをいち早く読み込み、その伝播でんぱの役も果たした。でろれん祭文。祭文節。 → 祭文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌祭文
うたざいもん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の歌祭文の言及

【阿呆陀羅経】より

…明治以降,浪花節として大成する以前,その先行芸能として江戸時代末期から行われていた語りの一種。近世に入り山伏を中心に〈祭文(さいもん)〉が芸能化し,法螺(ほら)貝や錫杖(しやくじよう)を伴奏に面白おかしく聞かせるようになり,次いで三味線を用いての〈歌祭文〉を生む。幕末近くに〈デロレン祭文〉とか〈ちょぼくれ〉〈ちょんがれ〉と呼ばれる祭文語りが輩出するが,阿弥陀経をもじった読経まがいの文句や節で巷談・ニュースまがいの文句を聞かせた〈阿呆陀羅経〉も同種のもので,次代に〈浮連節(うかれぶし)〉を生む。…

【祭文】より

…山伏や願人坊主(がんにんぼうず)がその奉ずる神の本地や縁起を説く祭文や,宗教色の濃い唱導祭文をもって諸国を回遊する一方,当意即妙の諧謔を交えたもじり祭文や若気(にやけ)祭文も喜ばれた。下世話なニュースを口説調に詠み込んだ歌祭文,説経節と祭文を組み合わせた説経祭文,下層民と結びついて命脈を保った本流の門付祭文など江戸中期以降その種類も増えるが,共通する特色は〈抑(そもそも)勧請おろし奉る〉など祭文形式を踏み,錫杖を短くした金杖(きんじよう)や法螺貝を伴奏に使うことである。幕末に生まれた浪花節や口説(くどき)音頭の一種である江州音頭,河内音頭なども祭文の系統を引いたものである。…

※「歌祭文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歌祭文の関連キーワードおそめ久松袂の白絞小さん金五郎物笠の台が飛ぶ卦体が悪い着類着殺げやら腹立ち樽屋おせんすたすた小舌怠い滅鬼積鬼野崎参り片身恨み祭文語り息精張る勧進船裾貧乏怪我な匿まひ三つ山せごす

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌祭文の関連情報