コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福王雪岑(読み)ふくおう せっしん

美術人名辞典の解説

福王雪岑

江戸中・後期の画家。観世流脇師常信の子。名は盛勝、通称は茂右衛門別号に白鳳軒。初め英一蝶に学び、のち土佐風を慕って、専ら能・狂言の図を描く。緻密な彩色で、上品な画風を持つ。天明5年(1785)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android