コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福王雪岑 ふくおう せっしん

美術人名辞典の解説

福王雪岑

江戸中・後期の画家。観世流脇師常信の子。名は盛勝、通称は茂右衛門、別号に白鳳軒。初め英一蝶に学び、のち土佐風を慕って、専ら能・狂言の図を描く。緻密な彩色で、上品な画風を持つ。天明5年(1785)歿、85才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone