コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲富祐直 いなとみ すけなお

朝日日本歴史人物事典の解説

稲富祐直

没年:慶長16.2.6(1611.3.20)
生年:天文21(1552)
江戸前期の砲術家。「いなとみ」と読まれることもある。名は家直,直家,のち祐直。稲富一夢の名で有名。父は直秀。丹後国(京都府)の出身で,はじめ一色義定に仕えたが,のち細川忠興に仕え重用された。祖父に当たる直時が鉄砲名人といわれた佐々木少輔次郎義国から砲術を学び,祐直に伝授した。さらに祐直は丹後国智恩寺(宮津市)に参籠して得た夢想によって火薬の配合や発射姿勢などに工夫を加えたといい,砲術の一派稲富流を興した。慶長の役(1597)では細川忠興軍の一員として渡海し,蔚山籠城戦には加藤清正と共に活躍したことで知られる。ところが慶長5(1600)年の関ケ原の戦のとき,上杉征討に向かった忠興の留守宅警備を命ぜられながら忠興夫人ガラシアを守ることができず,自害させてしまい,同じく留守を預かった小笠原松斎,河喜多石見のふたりは夫人に殉じて自害したが,祐直はそのまま遁走し忠興から追われた。祐直はとりあえず砲術の弟子である井伊直政にかくまわれ,次いで,浅野幸長を介して助命を請うたが許されず,結局,徳川家康に助けを求めて許されることになり,家康の4男松平忠吉,9男徳川義直の砲術指南となった。そのころ,出家して一夢と号している。以後,幕府の鉄炮方として近江の国友鍛冶集団を組織するなど,功績があった。入門者に対しては開放的に極意を伝授し,わが国砲術書の最初と目される自筆の伝書をのこしている。<参考文献>『稲富流砲術全書』,所荘吉『火縄銃』

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の稲富祐直の言及

【稲富直家】より

…安土桃山・江戸初期の砲術家。後に祐直と改名。号は一夢。丹後の人で,稲富流砲術の始祖。一色氏,細川氏に仕え,朝鮮出兵にも参加した。1600年,細川忠興夫人(ガラシャ)の自害に殉ぜず逃走したため,忠興に追われたが,徳川家康の庇護により許された。その後は,松平忠吉や徳川義直に招かれて名古屋に砲術を伝え,また,国友鍛冶団を幕府の工廠化することにも尽力した。【加藤 真理子】…

※「稲富祐直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android