コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲富一夢 いなとみいちむ

3件 の用語解説(稲富一夢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲富一夢
いなとみいちむ

[生]?
[没]慶長16(1611).2.6. 駿府
安土桃山~江戸時代初期の砲術家。稲富流砲術の祖。名は直家,のち祐直と称し,理斎,入道して一夢斎と号した。丹後忌木 (いみき) 城主直秀の嫡子。一色氏,細川氏に仕えたが,慶長5 (1600) 年細川ガラシャ (忠興夫人) の自刃の際,退去して忠興の怒りを買った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲富一夢 いなとみ-いちむ

1552-1611 織豊-江戸時代前期の砲術家。
天文(てんぶん)21年生まれ。丹後(京都府)忌木(いみき)城主稲富直秀の子。祖父直時から砲術をまなび,稲富流の砲術をひらく。一色(いっしき)氏に,のち細川忠興(ただおき)につかえる。関ケ原の戦いの際,忠興の妻ガラシャの自害に殉じず忠興の怒りをかうが徳川家康にすくわれる。国友鍛冶(くにともかじ)集団を組織した。慶長16年2月6日死去。60歳。名は直家(なおいえ),のち祐直(すけなお)。姓は「いなどめ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲富一夢
いなとみいちむ
(1551―1611)

和流砲術の代表的流儀の稲富流の祖。丹後(たんご)国与謝(よさ)郡忌木(いみき)(京都府与謝野町)の城主、玄蕃允直秀(げんばのすけなおひで)の子。名は直家(なおいえ)、祐直(すけなお)、伊賀守(いがのかみ)を称し、入道して一夢、理斎(りさい)と号した。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲富一夢の関連キーワード狩野吉信大木兼能順専正玄正山雪林等木古田斎宮(初代)利覚寥海

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲富一夢の関連情報