コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲富一夢 いなとみいちむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲富一夢
いなとみいちむ

[生]?
[没]慶長16(1611).2.6. 駿府
安土桃山~江戸時代初期の砲術家。稲富流砲術の祖。名は直家,のち祐直と称し,理斎,入道して一夢斎と号した。丹後忌木 (いみき) 城主直秀の嫡子。一色氏,細川氏に仕えたが,慶長5 (1600) 年細川ガラシャ (忠興夫人) の自刃の際,退去して忠興の怒りを買った。のち許されて徳川家康に仕え,さらに尾張徳川氏に仕えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲富一夢 いなとみ-いちむ

1552-1611 織豊-江戸時代前期の砲術家。
天文(てんぶん)21年生まれ。丹後(京都府)忌木(いみき)城主稲富直秀の子。祖父直時から砲術をまなび,稲富流の砲術をひらく。一色(いっしき)氏に,のち細川忠興(ただおき)につかえる。関ケ原の戦いの際,忠興の妻ガラシャの自害に殉じず忠興の怒りをかうが徳川家康にすくわれる。国友鍛冶(くにともかじ)集団を組織した。慶長16年2月6日死去。60歳。名は直家(なおいえ),のち祐直(すけなお)。姓は「いなどめ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲富一夢
いなとみいちむ
(1551―1611)

和流砲術の代表的流儀の稲富流の祖。丹後(たんご)国与謝(よさ)郡忌木(いみき)(京都府与謝野町)の城主、玄蕃允直秀(げんばのすけなおひで)の子。名は直家(なおいえ)、祐直(すけなお)、伊賀守(いがのかみ)を称し、入道して一夢、理斎(りさい)と号した。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

稲富一夢の関連キーワード安見元勝田付景澄浅野幸長稲富祐直稲富直家嫡子

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android