コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲核ダム いねこきだむ

世界大百科事典内の稲核ダムの言及

【梓川】より

…揚水式発電によって梓川水系では最大出力96万kW(1997)を発電,京浜地方に送電している。なお稲核ダムで引水した中信平農業用水事業によって,松本盆地南部1万haの灌漑がなされている。梓川水系には,上高地,中房,坂巻,白骨(しらほね)などの温泉も多い。…

【奈川渡ダム】より

…高さ155m,堤頂長355.5m,堤体積66万m3,貯水池の湛水(たんすい)面積2.7km2,総貯水量1.2億m3,有効貯水量9400万m3。ダム直下の安曇発電所では下流の水殿(みどの)ダム(アーチダム,高さ95.5m)を下池として最大出力62.3万kWの揚水発電を行っており,水殿ダムの水殿発電所,その下流の稲核(いねこき)ダム(アーチダム,高さ60m)の竜島発電所とあわせた最大出力は90万kWに達する。奈川渡ダムの建設にあたっては,基礎岩盤の掘削に火薬を使うと周囲の岩盤を緩めるおそれがあるので,100kgf/cm2の高圧水の噴射で断層を取り除いてコンクリートで置き換えるなど特殊な工法が用いられた。…

※「稲核ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android