コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲象虫 イネゾウムシ

デジタル大辞泉の解説

いね‐ぞうむし〔‐ザウむし〕【稲象虫】

ゾウムシ科の甲虫体長約5ミリ。体は黒褐色で、灰褐色鱗片(りんぺん)で覆われる。稲の葉・茎・根などを食害

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いねぞうむし【稲象虫】

ゾウムシ科の甲虫。体長約5ミリメートル。体は黒色で灰褐色の鱗片りんぺんにおおわれる。イネの害虫で、成虫は葉鞘ようしように穴をあけて産卵し、幼虫は根を食害する。本州以南に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

稲象虫の関連キーワードゾウムシ科幼虫分布黒色害虫葉鞘イネ成虫