コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲虫 コウチュウ

5件 の用語解説(甲虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐ちゅう〔カフ‐〕【甲虫】

甲虫目(鞘翅(しょうし)目とも)の昆虫の総称。革質化した堅い前翅(まえばね)が背面を覆い、これを上翅または鞘翅という。飛ぶときは、その下の膜質の後ろ翅を使う。完全変態。世界で約30万種、日本では約8000種が知られる。肉食のハンミョウオサムシゲンゴロウ、雑食のコガネムシホタルカミキリムシハムシテントウムシなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

甲虫【こうちゅう】

鞘翅(しょうし)目に属する昆虫の通称。→鞘翅類

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうちゅう【甲虫】

甲虫目(鞘翅(しようし)目)に属する昆虫の総称。この名は学名のColeoptera,英名のbeetleドイツ名のKäferに対して,明治時代に甲翅虫と訳されたものから甲虫となった。また上翅(前翅)が鞘状となって背面を覆うことから,専門語として鞘翅目(鞘翅類)と呼ばれるようになった。甲虫は昆虫界最大のグループ(目)で既知種の約4割を占め,世界から約30万種,日本から8000種あまりが知られる。小さいものは0.3mmにみたないが,大きいものは10cmを超える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうちゅう【甲虫】

コウチュウ目に属する昆虫の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲虫
こうちゅう
beetles

昆虫綱甲虫目(鞘翅類(しょうしるい))Coleopteraに属する動物の総称。この類は昆虫類のみならず動物全体のなかでももっとも多数の種類が知られている大群である。現在およそ30万種が記録されており、極地を除く世界各地に分布し、日本からも約8000種が知られる。[中根猛彦]

形態

甲虫の一般的な特徴は、前ばねが肥厚し硬くなって上ばねまたは翅鞘(ししょう)(さやばね)とよばれ、普通、左右が背面の正中線であわさって後体部背面を覆い、膜質の後ろばねがその下に収められること、口器が普通かむのに適し、大あごの発達が一般によいこと、前胸が大きくて後体部に密着せず、動かせることと、中胸が小さいことなどがあげられる。しかし、形はきわめて変化に富み、なかには前ばねが退化して小片になったり、例外的なものもある。全形は、ほぼ円形や球形のものから、細長い棒状や板状、ひょうたん形、さらに突起や棘(とげ)のあるものなどがある。色は黒色、または黄褐色から褐色が多いが、美しい金属色のものも少なくなく、赤、黄、緑などの種類、紋様のあるもの、毛で斑紋(はんもん)ができているものもある。[中根猛彦]

発生

卵は球形のこともあるが、卵形から長楕円(ちょうだえん)形か紡錘形が多く、ゼリービーンズ状に曲がったものもある。ゲンゴロウの卵は細長く1センチメートルに達する。雌1匹の産卵数は2、3個から数千のものまである。産卵場所は幼虫の食物になる植物上や餌(えさ)のそばが多いが、地中や植物内に産み込むこともある。また、ダイコクコガネやモンシデムシのように地中に糞球(ふんきゅう)や肉塊を埋めて産卵し、番をするもの、一部のハムシのように卵を糞や分泌物で覆うもの、ガムシのように糸を出して卵嚢(らんのう)をつくるものなどがある。幼虫はナガコムシ形かウジムシ形であるが、ゾウムシなど脚(あし)の退化したもの、脱皮するごとに体形の変わるオオハナノミ、ツチハンミョウなど過変態をするものもある。蛹(さなぎ)は普通、裸蛹(らよう)で、大あごに関節がなく、はねや脚が体から離れており、植物中、地中などに蛹室をつくるものが多く、ある種のゾウムシのように繭を紡ぐものや、テントウムシのように幼虫の皮の中で蛹になるものもある。羽化した成虫は、クワガタムシなど蛹室に数か月もとどまることがある。[中根猛彦]

生態

甲虫は一部を除いて目だたない生活をしているものが多いが、すむ場所やすみ方もさまざまである。地面にいるものも、野山の石や倒木の下、落ち葉や腐植土の中にいるものから、海岸の干潮線、洞穴内、アリやシロアリの巣内にすむものなどあって、落ち葉や腐植質を食べるもの、ほかの小動物を捕食するもの、動物の死体、糞に集まるものなどがある。植物上で生活するものにも、ハムシ、ゾウムシなど草木の葉、茎、材、根を食べるもの、花や樹液に集まるものがあり、農林業や園芸の害虫とされるものも多い。また、枯れ木や朽ち木の皮下や材の中にすむものも多数知られており、諸種のキノコにみられる種数も少なくない。さらに、以上の自然物を食する生活から、人間の収穫・加工したものに移り、貯蔵穀類、かつお節、干し魚などの食品、毛織物、生薬(しょうやく)、家具、家材、標本などを害するものも甲虫が多く、ゴム管や鉛管に孔(あな)をあけるものさえある。このほか水中の生活をするものにゲンゴロウ、ミズスマシ、ガムシなどがあり、食性も肉食と草食とあり、少数であるが海水にいる種類もある。寄生性のものではビーバーにつくプラティプシラス属Platypsyllus、幼虫がハチにつくオオハナノミなどがあり、幼虫がバッタの卵を食べるマメハンミョウもある。[中根猛彦]

分類

甲虫は大別して次の4亜目、つまり(1)食肉亜目、(2)始原亜目、(3)粘食亜目、(4)多食亜目に分けられるが、(2)(3)の亜目は少数の種類を含み、ほとんどの種類は(1)(4)の亜目に属する。
(1)食肉亜目 後肢(こうし)の基節が後胸板と合着し、第1腹節を中央で二分し、腹節は普通6節あり、第1~3節は合着している。前胸の背板は側縁から下面へ折れ曲がり、前胸側板との間に会合線があり、後ろばねは普通長方形室をもつ。脚の(ふせつ)は5節。陸生と水生の2群があり、前者にはハンミョウ、セスジムシ、ヒゲブトオサムシ、オサムシ、ゴミムシなどおもに地表性の科が属する。後者にはゲンゴロウ、コツブゲンゴロウ、ミズスマシ、コガシラミズムシなどの科が含まれ、いずれも肉食の種類がほとんどを占める。科のなかでは、ゴミムシ科がきわめて多くの種を含み、亜目の大部分の種がここに属する。
(2)始原亜目 食肉亜目に近いが、後肢の基節は後胸板と合着せず、また第1腹板を二分しない。前胸下面の両側にある背板と側板の会合線は、あるものとないものがあり、後ろばねは静止するときに先端を螺旋(らせん)状に巻く。2科を含み、体形は細長く、ナガヒラタムシ科は朽ち木にすみ、体表に顆粒(かりゅう)があり、上ばねは格子状の構造をもち、化石種が多い。チビナガヒラタムシ科は材木につき、幼生生殖や過変態を含む複雑な繁殖をする小さな1種を含む。
(3)粘食亜目 微小な甲虫の一群、前胸下面両側の会合線をもち、後ろばねには長方形室があるが、触角の先端は膨れて球桿(きゅうかん)をつくる。ケシマルムシ、デオミズムシなど4科が含まれる。
(4)多食亜目 ここには変化に富んだ多数の種類が含まれており、6群に大別され、さらにその下に主科(上科)が区分されている。
 第1群ハネカクシ型群は、ガムシ主科(ダルマガムシ、ホソガムシ、ガムシ、マルドロムシ科など)、エンマムシ主科(エンマムシダマシ、エンマムシモドキ、エンマムシの3科)、ハネカクシ主科(ムクゲキノコムシ、タマキノコムシ、コケムシ、シデムシ、デオキノコムシ、ハネカクシ、アリヅカムシ科など)の3主科があり、なかではハネカクシ科がもっとも種数が多く、エンマムシ科とともに動物の糞や死体あるいはキノコに集まり、樹皮下にもおり、また花上、葉上、石下などに発見され、ムクゲキノコムシ、コケムシ、アリヅカムシ科とともに落ち葉や腐植土の中にすむものもある。ガムシ類はおもに水生であるが、一部は陸上で糞や汚物に集まり、海浜生のものもある。
 第2群コガネムシ型群の、コガネムシ主科にはクワガタムシ、クロツヤムシ、コガネムシ、コブスジコガネ、センチコガネなどの諸科が含まれ、おもに植物質を食べるが、コガネムシ科の一部と後記の2科は動物の糞や死体に集まるものが多い。ナガフナガタムシ主科(クシヒゲムシ科など)もここに含まれる。
 第3群マルハナノミ型群には、マルハナノミ主科(ハナノミダマシ、マルハナノミ、タマキノコムシダマシの3科)だけである。
 第4群コメツキ型群には、マルトゲムシ主科(マルトゲムシ科)、ドロムシ主科(ヒラタドロムシ、ナガハナノミ、ダエンマルトゲムシ、チビドロムシ、ナガドロムシ、ヒメドロムシ科など)、ナガハナノミダマシ主科(ホソクシヒゲムシ科など)、タマムシ主科(タマムシ科)、コメツキムシ主科(コメツキムシ、コメツキダマシ、ヒゲブトコメツキ科)、ホタル主科(ホソホタルモドキ、ホタル、ベニボタル、ジョウカイボン科など)と、いろいろな類がここに属し、ドロムシ類のように幼期に水中や湿地に多いもの、タマムシ、コメツキムシ類のように幼虫が植物内、枯れ木に多いもの、ホタル類のように体は軟弱であるが肉食性の種が多いものなどがある。
 第5群ナガシンクイ型群は、カツオブシムシ主科(マキムシモドキ、ヒメトゲムシ、カツオブシムシ科など)と、ナガシンクイ主科(シバンムシ、ヒョウホンムシ、ナガシンクイ、ヒラタキクイムシ科)からなり、食品や木材、家具を食害する害虫が含まれている。
 第6群ヒラタムシ型群は、もっともさまざまで多数の類が含まれ、カッコウムシ主科(コクヌスト、カッコウムシ、ジョウカイモドキ科など)、ツツシンクイ主科(ツツシンクイ科)、ヒラタムシ主科(ケシキスイ、ネスイムシ、ツツヒラタムシ、ヒラタムシ、ホソヒラタムシ、キスイムシ、ムクゲキスイ、キスイモドキ、コメツキモドキ、オオキノコムシ、ヒメハナムシ、ミジンムシ、テントウダマシ、テントウムシ、ミジンムシダマシ、ヒメマキムシなどの球角群と、ツツキノコムシ、コキノコムシ、ホソカタムシ、ゴミムシダマシ、ハムシダマシ、クチキムシ、キノコムシダマシ、クチキムシダマシ、ハネカクシダマシ、チビキカワムシ、キカワムシ、クワガタモドキ、アカハネムシ、ナガクチキムシ、ハナノミダマシ、ハナノミ、オオハナノミ、カミキリモドキ、ツチハンミョウ、アリモドキ、ニセクビボソムシ、クビナガムシなどの異節群の諸科)、ハムシ主科(カミキリムシ、マメゾウムシ、ハムシ科)、ゾウムシ主科(ヒゲナガゾウムシ、オトシブミ、ミツギリゾウムシ、ホソクチゾウムシ、ゾウムシ、キクイムシ、ナガキクイムシ科など)が属し、最初の主科を除き、主として植物質を食し、朽ち木やキノコで育つものも多く、最後の2主科は農林業上の害虫が多く、種数もゾウムシ、ハムシ、カミキリムシなどきわめて多い。[中根猛彦]
『中根猛彦他著『原色昆虫大図鑑 甲虫篇』(1963・北隆館) ▽中根猛彦監修『学研生物図鑑 昆虫 甲虫』(1983・学習研究社) ▽林長閑著『甲虫の観察と飼育』(1973・ニュー・サイエンス社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲虫の関連キーワードオオハナノミカイコ鞘翅類歩行虫木食虫翅鞘斑猫標本虫カクムネヒラタムシクロツヤムシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲虫の関連情報