コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穢土成仏 えどじょうぶつ

世界大百科事典内の穢土成仏の言及

【本願】より

…後者には,《無量寿経》に説く阿弥陀如来の四十八願,《悲華(ひけ)経》に説く釈迦如来の五百大願,《薬師本願経》に説く薬師如来の十二大願,《華厳(けごん)経》に説く普賢菩薩の十大願などがある。仏・菩薩の本願は生きとし生けるものの救済を本意として立てられているが,おのおのの仏国土(ぶつこくど)を浄(きよ)めて衆生を救済しようとする浄仏国土(じようぶつこくど)の本願と,現実のこの穢土(えど)で成仏して衆生を済度しようとする穢土成仏の本願とがあり,たとえば弥陀の四十八願は前者,釈迦の五百大願は後者にあたる。諸仏諸菩薩の本願のうち,弥陀の四十八願は浄土教の発展とともに古くからよく知られ,とくに〈一切の生あるものが,至心に信楽(しんぎよう)して私(弥陀のこと)の浄土に生まれようと欲し,わずか十声の念仏でも唱えた人を救済できないならば,仏とはならない〉という第十八願は古来念仏往生の願ともいわれ,最も重要な本願なので王(おう)本願と称されている。…

※「穢土成仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報