コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴型圧延 あながたあつえん

世界大百科事典内の穴型圧延の言及

【圧延】より

…たとえば円形断面をより断面積の小さな円形断面に加工する場合には,余分の材料をこのロールの溝を通して引き出すことによって断面を小さくしてゆくのである。この溝付きのロールで行う圧延を穴型圧延という。大量生産の場合には長大な材料を圧延することになるので,同時に動く一連のロールを順に通して連続圧延continuous rollingが行われる。…

※「穴型圧延」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

穴型圧延の関連キーワード線材

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android