コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴穂皇子 あなほべのみこ

世界大百科事典内の穴穂皇子の言及

【穴穂部】より

…日本古代に大和朝廷によって設けられた名代(なしろ)の一つ。《日本書紀》では,雄略天皇のとき,兄の穴穂皇子(安康天皇)のために設定したという。皇子の宮は穴穂宮であって,この宮の経営のため,宮号を冠して設定された部民であろう。…

※「穴穂皇子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

穴穂皇子の関連キーワード軽皇子・軽王木梨軽皇子物部大前穴穂部

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android