コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿刺液 せんしえき

世界大百科事典内の穿刺液の言及

【骨髄穿刺】より

…そこで,骨髄穿刺によって骨髄中の細胞を得て,その数や性状を検査することが必要となる。具体的には,胸骨または腸骨の所定の部位の皮膚を消毒し,局所麻酔を骨膜まで施したうえ,骨髄穿刺針を押し回しながら骨髄腔へとすすめ,注射器を接続して陰圧をかけて吸引すると少量の穿刺液(骨髄細胞に富む血液)を得る。この穿刺液について,塗抹染色標本や組織切片標本を作成して骨髄像を判定する。…

【骨髄像】より

骨髄穿刺(せんし)によって得られた穿刺液について,これに含まれる骨髄中の諸細胞の数や形態を調べた成績の総体をいう。穿刺液をスライドグラスに塗抹し,ギムザ液などで染色した標本を顕微鏡検査して各種の細胞の形態学的性状を観察し,赤芽球系,顆粒球系,巨核球‐血小板系など各系統ごとに分類・計上してその分布を調べる。…

※「穿刺液」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone