コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競進社 きょうしんしゃ

1件 の用語解説(競進社の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

競進社

養蚕飼育の指導者木村九蔵(1845~98)が1877(明治10)年に創設した「養蚕改良競進組」が礎。「養蚕改良競進社」と組織を改めて児玉町(現在の本庄市)に伝習所を置いた。1894(明治27)年に模範蚕室がつくられ、全国から集まった人々に蚕の飼育法を伝えた。

(2016-12-08 朝日新聞 朝刊 埼玉全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の競進社の言及

【児玉[町]】より

…中心集落の児玉は小山川(身馴川)の扇状地上にあり,谷口集落として起こった。江戸時代は絹,穀物などを取引する市場町として栄え,明治時代には木村九蔵(1845‐96)が競進社蚕業学校(現,児玉農工高校)を創設し,蚕業教育に尽力した。現在は野菜と酪農が行われる。…

※「競進社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

競進社の関連情報