コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競進社 きょうしんしゃ

1件 の用語解説(競進社の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

競進社

養蚕飼育の指導者木村九蔵(1845~98)が1877(明治10)年に創設した「養蚕改良競進組」が礎。「養蚕改良競進社」と組織を改めて児玉町(現在の本庄市)に伝習所を置いた。1894(明治27)年に模範蚕室がつくられ、全国から集まった人々に蚕の飼育法を伝えた。

(2016-12-08 朝日新聞 朝刊 埼玉全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内の競進社の言及

【児玉[町]】より

…中心集落の児玉は小山川(身馴川)の扇状地上にあり,谷口集落として起こった。江戸時代は絹,穀物などを取引する市場町として栄え,明治時代には木村九蔵(1845‐96)が競進社蚕業学校(現,児玉農工高校)を創設し,蚕業教育に尽力した。現在は野菜と酪農が行われる。…

※「競進社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

競進社の関連情報