コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二地銀 だいにちぎん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

第二地銀

第二地銀(第二地方銀行)とは1989年2月の相互銀行の一斉普通銀行転換により生まれた金融機関(地域銀行)。現在47行あり、トマト銀行北洋銀行、東京スター銀行などが挙げられる。バブル崩壊以降、その経営体質の弱体化も指摘されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

だいにちぎん【第二地銀】

1989年(平成1)以降、主に相互銀行から転換した普通銀行。第二地方銀行。 → 地方銀行

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

第二地銀の関連キーワードトモニHDと大正銀行の統合福岡シティ銀行[株]徳陽シティ銀行[株]山陰合同銀行[株]東京相和銀行[株]リテールバンキング名古屋銀行[株]第二地方銀行協会東邦銀行[株]伊予銀行[株]京葉銀行[株]福井銀行[株]福徳銀行[株]足利銀行[株]阿波銀行[株]群馬銀行[株]近畿銀行[株]地域金融機関みなと銀行バンクス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第二地銀の関連情報