箱型褶曲(読み)はこがたしゅうきょく

世界大百科事典内の箱型褶曲の言及

【褶曲】より

… そのほか,翼が直線状でヒンジのとがったシェブロンchevron褶曲,2方向の対等の軸面をもった共役褶曲,褶曲面ごとにヒンジの位置がずれて不連続な軸面をもつ非調和褶曲などさまざまな術語がある。また,箱型褶曲,扇状褶曲など褶曲面の形状による術語もある。
[褶曲の単位]
 地質図で表現されるような大きなスケールでは典型的な褶曲とみなせるものでも,露頭規模では小断層によって少しずつずらされて曲がっていることも多い(図6)。…

※「箱型褶曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android