コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米の飯とお天道様はどこへ行っても付いて回る コメノメシトオテントウサマハドコヘイッテモツイテマワル

デジタル大辞泉の解説

米(こめ)の飯(めし)とお天道様(てんとうさま)はどこへ行(い)っても付(つ)いて回(まわ)る

太陽がどこでも照らすように、どんな苦しい境遇にあっても食べていくことはできる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

米の飯とお天道様はどこへ行っても付いて回るの関連キーワード回る太陽

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android