コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒子ビーム リュウシビーム

デジタル大辞泉の解説

りゅうし‐ビーム〔リフシ‐〕【粒子ビーム】

粒子線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の粒子ビームの言及

【粒子線】より

…粒子ビームともいう。中性の原子・分子,中性子,負電荷をもつ電子,正電荷をもつ陽イオンまたは原子核などの微視的粒子が,真空中で(中性子は空気中でもよい)ほぼ一方向に向かう細い流れ。…

【粒子ビーム兵器】より

…しかし,1991年にSDIの後継計画となった限定的ミサイル攻撃に対する全世界防衛構想Global Protection Against Limited Strike(GPALS)で開発配備が見送られ,現在では基礎技術研究段階に置かれている。旧ソ連は,1960年代から大電力発生装置・大型粒子加速器を設置してビーム兵器開発を推進し,1979年には荷電粒子ビーム兵器の原型を試作したと西側情報機関が報じたが,その後の状況は明らかでない。アメリカがSDI計画で研究開発した粒子ビーム兵器は,次の2種類である。…

※「粒子ビーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粒子ビームの関連キーワード大型ハドロン衝突型加速器指向性エネルギー兵器メソンファクトリー物質構造科学研究所ストレージリングレーザー核融合J戦略防衛構想散乱断面積HILAC空間電荷加速器PBW核反応兵器PB

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android