精神疲労(読み)せいしんひろう

世界大百科事典内の精神疲労の言及

【疲労】より

…急性疲労の蓄積は慢性疲労への発展を促し,通常,蓄積疲労とも呼ばれる。 疲労はまたその生じる部位によって,肉体疲労と精神(神経)疲労などに区分される。前者は主として筋肉レベルでの疲労をいい,後者は大脳皮質や脳幹網様体での活動性低下や覚醒レベルの低下をいう。…

※「精神疲労」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android