精緻化リハーサル(読み)せいちかりはーさる

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

精緻化リハーサル

短期記憶で一時的に保持している情報を、他の知識と結びつけたり構造を理解しながら反復すること。具体的には、いくつかの単語を1つのイメージとして組み合わせたり、漢字を構成する要素にいったん分解してから書き方を覚えることなどがある。このように情報を整理することで、長期記憶ネットワーク短期記憶内の情報が組み込まれる。そのため、精緻化リハーサルを行うと、維持的リハーサルの場合とは異なり、覚えようとする事柄への理解が深まって記憶が安定する(忘れにくくなる)と考えられる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

世界大百科事典内の精緻化リハーサルの言及

【記憶】より

…ところが,情報を単に反復することに時間を費やしても,必ずしもそれが記憶として定着するわけではないとする実験結果が近年になって発表され,現在では,こうしたリハーサルは維持リハーサルmaintenance rehearsal(または1次リハーサルprimary rehearsal)と呼ばれ,情報を短期貯蔵庫に一時的に保持させる機能しか与えられていない。これに対し,記銘すべき情報を相互に関連づけたり情報の意味づけを行うといった情報処理水準の深い処理は,精緻化リハーサルelaborative rehearsal(または2次リハーサルsecondary rehearsal,あるいは符号化リハーサルcoding rehearsal)と呼ばれ,このリハーサルのみが情報を長期貯蔵庫に転送する機能をもつものとされている。(3)メタ記憶metamemory 自らの記憶についての記憶,とくに,自分の記憶がどのようになっているか,どのように機能するかについての知識を,メタ記憶という。…

※「精緻化リハーサル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android