コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終末期の赤い地球

1件 の用語解説(終末期の赤い地球の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

終末期の赤い地球

米国の作家ジャック・ヴァンスのSF連作短編集(1950)。原題《The Dying Earth》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

終末期の赤い地球の関連キーワード愛の宮殿大いなる惑星檻の中の人間影のジャック殺戮機械ノパルガース復讐の序章夢幻の書闇に待つ顔竜を駆る種族

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone