経パイル(読み)たてぱいる

世界大百科事典内の経パイルの言及

【輪奈織】より

ビロード別珍(べつちん),タオル地などがこの種の織物に当たる。織法には経(たて)に輪奈状を構成する糸を用いるもの(経パイル)と,緯(ぬき)にパイル糸を織り入れるもの(緯パイル)とがあり,ふつうビロード,タオル地などは経パイル,別珍,コール天(コーデュロイ)などは緯パイルによっている。歴史的にも古くから見られる織物技法で,西アジアでは4~5世紀ころから,上エジプトのコプト人の染織品中にこの技法が織物の一部,あるいは人物文様などの全面に用いられている。…

※「経パイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android