コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絞染 しぼりぞめ

百科事典マイペディアの解説

絞染【しぼりぞめ】

くくり染とも。糸でくくり,部分的に防染して模様を染めるもので,にじみやかすれが特有の美しさをもつ。古くは纐纈(こうけち),〈ゆはた〉などと称し奈良時代のものが正倉院などに現存する。
→関連項目染色バンダナ村雲絞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぼりぞめ【絞染】

染色技法の一つ。本来は原始的な染法で,布の一部を結んで染料に浸すと,結んだ部分に染料が浸透せず横段や縞様ができる。布を結ぶので上代人は結帛(ゆいはた∥ゆはた)と呼んでいたが,奈良時代に大陸から高度な技術が導入され,目交(めゆい),大纈,小纈,夾纈(きようけち),甲(絞)纈などの名称が文献に現れる。目交,大・小纈は鹿の子絞に似たもので,正倉院に伝来する紅色地目交文纐纈(こうけち)はアスターナ古墳出土の紅色絞纈絹と類似するのをはじめ,唐代の絞纈と技法や文様の類似する遺品が正倉院宝物中に見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絞染
しぼりぞめ

纐纈」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

絞染の関連キーワード並木正三(なみきしょうざ)鹿の子絞りコプト織辻が花染寛文模様兵児帯三浦絞鹿の子辻が花有松絞板締絞手絡柳絞染物糊染浸染疋田