コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給主職 きゅうしゅき

世界大百科事典内の給主職の言及

【給主】より

… 鎌倉後期になると,下地中分などによって本家―領家―預所―地頭・下司といった重層的な荘園支配秩序がくずれ,領家,地頭らはたがいに荘園を分割し一円化した所領の支配を行うようになった。このような新たな段階に至り,それまでの職(しき)にかわって,一円領の領主(領家ないし地頭)の下で在地の支配にあたる〈給主職〉が広く登場してくる。東寺領荘園を例にみると,領主東寺(領家職ないし地頭職)―給主(所務職ともいう)―給主代(所務代官)といった新たな支配体制がとられている。…

※「給主職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android