コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給孤独 ぎっこどく

1件 の用語解説(給孤独の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ぎっこどく【給孤独】

須達しゆだつの尊称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の給孤独の言及

【コーサラ】より

…プラセーナジット王は仏教信者としても知られ,ブッダはしばしば都のシュラーバスティーを訪れ,滞在した。大商人アナータピンディカAnāthapiṇḍika(給孤独(ぎつこどく))の寄進した祇園精舎(ぎおんしようじや)が建てられたのも,この都である。ブッダの出たシャーキャ(釈迦)族は,コーサラ国の属国であったが,ブッダの晩年にビドゥーダバ王によって完全に滅ぼされた。…

※「給孤独」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone