統一軍事裁判法(読み)とういつぐんじさいばんほう

世界大百科事典内の統一軍事裁判法の言及

【軍事司法制度】より

…アメリカでは議会制定による軍法のみであり,イギリスにならった1775年のArticles of Warが最初であり,憲法(1787)により陸海軍の統轄および規律の規則制定は議会の権限とされ,1920年まで多くの改正がなされた。1950年5月軍法,海軍管理法Articles for the Government of the Navy,沿岸警備隊懲罰法Disciplinary Laws of the Coast Guardを合わせた統一軍事裁判法Uniform Code of Military Justiceとなり,現在にいたっている。
[日本の制度]
 旧軍に関しては1872年(明治5)8月に海陸軍刑律が公布され,81年布告で陸・海軍各刑法に分離,1908年全面改正・整備され陸軍刑法,海軍刑法となり,47年5月廃止まで続いた。…

※「統一軍事裁判法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android