コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑腺 りょくせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緑腺
りょくせん

触角腺」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の緑腺の言及

【エビ(海老∥蝦)】より

…血液は無色で,血漿(けつしよう)中にヘモシアニンが含まれているため,長く空気に触れると淡い青紫色に変わる。排出器は触角腺で,第1触角の基部に開口するが,その色から緑腺とも呼ばれる。 神経系は脳と各節の神経節およびそれらを結ぶはしご状の連鎖からなっており,各器官へ神経分枝が出ている。…

【甲殻類】より

…第1触角は化学刺激に作用し,平衡器をもつことが多い。第2触角は本来の触覚の働きをするが,基部には排出器の触角腺(緑腺)がある。大あご,第1,2小あごが口器となり,エビやカニ類などのいわゆる高等甲殻類では第1~3顎脚も口器に加わる。…

※「緑腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

緑腺の関連キーワードエビ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android