コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩し ナルシ

デジタル大辞泉の解説

なる・し【緩し】

[形ク]穏やかである。性格・やり方などが、なまぬるい。
「―・く言ふとつきあがって」〈滑・続膝栗毛・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆるし【緩し】

( 形ク )
ゆるい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

緩しの関連キーワードパスカル(Blaise Pascal)ジョン・F. エンブリー直腸瘤(直腸腟壁弛緩症)子宮頸管・子宮頚管セリアック症候群ラーマ[1世]トロポミオシン嘔吐(医学)カトー(大)前庭動眼反射ツボクラリン辺縁性歯周炎イギリス連邦銀河(天体)緩ぶ・弛ぶ結膜弛緩症レラキシン脊髄麻酔婿いじめ資本主義

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android