緩い(読み)ユルイ

デジタル大辞泉の解説

ゆる・い【緩い】

[形][文]ゆる・し[ク]
張りぐあいや締めぐあいが弱い。また、すきまなどがあり、ぴったりとしない。「ねじが―・くなる」「くつが―・い」
曲がり方や傾斜などが急激でない。「―・いカーブを描く」「―・い坂」
激しくない。勢いが弱い。また、ゆっくりしている。「流れが―・い」
規則などが厳しくない。寛大である。「―・い罰則」
水分が多くやわらかい。「―・い便」
気持ちがたるんでいる。怠慢である。
「警固の―・くありける隙(ひま)を得て」〈太平記・一七〉
[補説]若者言葉に始まる新しい使い方が一般的になってきた。(1)よい意味では、落ち着いている、ゆったりしている、力みがない、のんびりしているなどの意に使う。「喫茶店の―・い雰囲気を楽しむ」(2)悪い意味では、大ざっぱである、生ぬるい、しまりがない、だらしないなどの意に使う。「食うこと以外は何もしない―・い生活」
[派生]ゆるげ[形動]ゆるさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なるい【緩い】

( 形 )
〔近世語〕 なまぬるい。 「 - ・くいふとつきあがつて/滑稽本・続膝栗毛 七上
ゆるやかである。なだらかである。 〔主に西日本で用いられる〕

ゆるい【緩い】

( 形 ) [文] ク ゆる・し
物の締まり方が足りない。きつくない。 ⇔ かたい 「ベルトが-・い」 「ねじが-・い」
行動に対する規制が弱い。きびしくない。 「規制が-・い」 「取り締まりが-・い」
水分が多くて固さが足りない。軟らかい。 「絵の具を-・く溶かす」 「大便が-・い」
速度がゆっくりしている。また、勢いが弱い。 「 - ・いテンポ」 「三月ばかりの夕暮に-・く吹きたる雨風/枕草子 197
曲がり方や傾斜度が少ない。急でない。 「勾配が-・い」
心の緊張が足りない。だらけている。 「心-・く懈怠ならん人/発心 7
寛大である。心がゆったりしている。 「 - ・くしてやはらかなる時は、一毛も損ぜず/徒然 211
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緩いの関連情報