緩い(読み)ユルイ

デジタル大辞泉「緩い」の解説

ゆる・い【緩い】

[形][文]ゆる・し[ク]
張りぐあいや締めぐあいが弱い。また、すきまなどがあり、ぴったりとしない。「ねじが―・くなる」「くつが―・い」
曲がり方や傾斜などが急激でない。「―・いカーブを描く」「―・い坂」
激しくない。勢いが弱い。また、ゆっくりしている。「流れが―・い」
規則などが厳しくない。寛大である。「―・い罰則
水分が多くやわらかい。「―・い便」
落ち着いている。のんびりしていて好ましい。「喫茶店の―・い雰囲気を楽しむ」
大ざっぱである。生ぬるい。また、しまりがなく、だらしない。「食うこと以外は何もしない―・い生活」
気持ちがたるんでいる。怠慢である。
警固の―・くありけるひまを得て」〈太平記・一七〉
[派生]ゆるげ[形動]ゆるさ[名]
[類語]1ぶかぶかがばがばだぶだぶゆるゆるだぼだぼだぶつくゆったりゆるやか2なだらか緩やかだらだら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android