緯パイル(読み)ぬきぱいる

世界大百科事典内の緯パイルの言及

【輪奈織】より

ビロード別珍(べつちん),タオル地などがこの種の織物に当たる。織法には経(たて)に輪奈状を構成する糸を用いるもの(経パイル)と,緯(ぬき)にパイル糸を織り入れるもの(緯パイル)とがあり,ふつうビロード,タオル地などは経パイル,別珍,コール天(コーデュロイ)などは緯パイルによっている。歴史的にも古くから見られる織物技法で,西アジアでは4~5世紀ころから,上エジプトのコプト人の染織品中にこの技法が織物の一部,あるいは人物文様などの全面に用いられている。…

※「緯パイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android